格安「sim」の賢い購入の仕方。大事にすべき点とは

 

格安SIM・SIMフリー端末の選び方は?何を重視する?

 

今、日本の携帯ユーザーのほとんどが、「simロック」の入ったものを購入し、利用しています。。しかし、利用料金に関して、できればもっと安くできないかと思っているのです。そこで紹介したいのが、「simフリー」の端末の購入です。毎月の利用料金がぐっと下がりますから、負担が楽になります。しかし、「simフリー」の端末の購入の仕方、またどんな点を注意して選べばいいのか、わからないのが現状でしょう。ここで特に大事にしたいポイントをあげていきます。

 

○料金・・・各携帯電話会社では、大々的に宣伝広告をしているものとは別に、ブランドを立ち上げて顧客獲得を目指しています。まずは、そこに注目してください。今までの一般的な携帯プランと違い、かなり安くなっています。しかし、安すぎるプランには注意してください。内容をよく吟味すべきです。安すぎるプランには、通話や通信に制限がかかるケースがあるからです。どのように携帯をつかうのか、自分の使い方を照らし合わせて、その上で、各社のプランを比較して選んでいくことが大事です。

 

○データ量・・・これも自分の普段の携帯の使い方にかかわってきます。あなたは動画などを良く見るほうでしょうか。そうなるとかなりデータ量は必要ですね。契約しているデータ量を超えた場合、低速通信なったり、webページを開くのすら遅くなります。格安sim各社がどの位の料金設定をしているのか比較して、自分に合ったものを選びましょう。

 

○信頼性・・・今は携帯会社の競争が激しくなっています。新規参入している会社もあります。しかし、携帯と言うのはいろんな複雑な仕組みがあり、それを長く継続営業するには、企業努力が必要な業界です。また企業に体力も必要です。こうした状況を考えると、出来れば新規参入して、あまり知名度がない格安sim会社を利用するのは、避けたほうが無難でしょう。理想は、知名度が有り、格安sim事業を長く手掛けている会を選部事です。そうすることで、安心して利用が出来ることでしょう。

 

 

「simフリー」スマホ

 

格安SIM・SIMフリー端末の選び方は?何を重視する?

 

スマホのユーザーは大変多いものです。電車の中では沢山の人が携帯を操作していますが、そのほとんどがスマホではないか、と思われるほどですね。そんな多くのスマホユーザーがいるのですが、ほとんどの人が「simロック」でしょう。しかし、これからは、「simカード」の格安化が進んできていますから、少しずつ「simフリー」の端末を使う人が増えてくるでしょう。ただ、今現在は、どうしても「simフリー」のスマホがまだまだ少ないですから、普及するには時間が掛かるでしょう。現在多くの格安「sim」がdocomo回線を利用しています。「simフリー」の端末を使う魅力は、まずは格安で利用できることですが、その他にも、キャリアを自由に選ぶ事が出来ること、また海外でも気にせず使えるという点も魅力であったはずですね。「simフリー」の格安スマホの特徴を完全に享受できているとは言えないですね。まだまだこれからというところなのでしょう。そんな中で、新しく登場してきたのが、以下のスマホです。

 

googleのスマホ、ASUSのスマホ、VAIOのスマホ、楽天のスマホ、イオンのスマホ等です。スマホの性能なども、各キャリアで発売しているスマホと遜色ありません。これからは、使い勝手も今までの物と同じかそれ以上になる事も予想されています。iPhoneに関していうならば、appleストアで「simフリー」のiPhoneが購入できます。格安simを利用して月額の利用料をおさえることができることでしょう。ただし、iPhone購入時には10万円前後掛かりますから、携帯にかかる費用全体からすると、そんなに安くなるとは言い切れないものがあります。しかし、スマホでも安価なものも出てきていますから、そういったものを購入することで、携帯にかかる全体的な費用はやはりおさえることは出来るでしょう。

 

(参考サイト)
格安スマホ・格安SIMまるわかり・・・http://www.maru-sim.com/

 

「simロック」で各キャリアでスマホを購入する現状

 

格安SIM・SIMフリー端末の選び方は?何を重視する?

 

今、日本のほとんどの人が「simロック」の端末を購入しています。「simフリー」ならば、格安のスマホを利用できますし、いろんなキャリアで携帯を使うこともできます。そうなると、月額の携帯電話にかかる費用はかなり安くなることでしょう。しかし、ほとんどの人が「simロック」でのスマホを購入しているのです。何故でしょうか。ひとつには、「simカード」の存在すら知らないことがあるでしょう。また、「simカード」をフリーにするか、そうでないロックにするかという選択が出来るということも知らないのです。日本ではほとんどの人が携帯電話会社が進めている案内に従って購入し、そのキャリアの中で利用しているだけです。それが一般的だからです。docomo、ソフトバンク、auなどの大手携帯電話会社の宣伝戦略は効果的です。利用にあたってのキャンペーンや設定されているコースなども大変便利ですし、格安のイメージがあります。多くの方が契約していますから、同じように利用することで安心できるのでしょうね。また最初の契約はどのメーカーも大変お得なイメージを与えています。端末がたった1円で購入できるというのは、お得感はすごいですね。しかし、購入したならば、2年間はその会社に縛られることになります。会社としては、その2年間でスマホなどの端末にかかった費用をペイさせるのです。この販売戦略が日本ではかなり浸透しています。しかし、最近は「simフリー」の端末を購入していろんなキャリアを利用する人が徐々に増えてきています。ただ、まだまだ一握りの人といえるでしょう。

 

格安SIM・SIMフリー端末の選び方は?何を重視する?

更新履歴